top of page

ドローンスクールに行ってきました

先日、

6月27日〜29日の3日間でドローンスクール合宿に行ってきました。

その時の内容をアウトプットします。

内容はとても濃いものだったので、

ブログとしては、2つか3つに分けたいと思います。



ドローンスクールに行った理由

なぜ今回ドローンスクールに行ったのか。

理由は単純です。

ドローンで事業をしたい。

その為には、ドローンを知る必要があるからです。


世の中には、たくさん無料の情報が転がっていますが、信用できるものか分かりません。


お金を投資してでも、質の良い情報を効率良く得たい。


そんな思いで行きました。


東京ドローンプラス

今回、受講したドローンスクールは、

東京ドローンプラス様が開校しているスクールで、

富士山ドローンベース様が講師を務めるスクールです。


東京ドローンプラス様は、農業用ドローンを専門に機体を販売されている千葉県の会社です。農薬散布仕様の機体でいえば恐らく最低価格だと思います。


きっかけは、ドローンを使った農薬散布に興味があり、連絡をとらせて頂いたことでした。

その際、様々なお話を聞き、農業×ドローンにのめり込みました。


HP↓


富士山ドローンベース

富士山ドローンベースは、渡辺様が代表を務めるドローンのスペシャリスト集団です。


ドローンの使用し、様々な動画コンテストで受賞されています。


拠点は、山梨県の精進ということころあり、富士山を眺めるには絶景のポイントです。

富士山はもちろん、制作されている動画、本当に素晴らしいものばかりでした。

特に私がグッときたのはこの動画でした。


今年のお正月、テレビの前でダイヤモンド富士をみていましたが、

この映像は比べものにならないほど感動させられます、映像の力ってすごいです。


渡辺さんには様々なお話をお聞きすることができました。

ドローンの扱い方、飛ばし方はもちろん、

業界の話や、ドローン歴史や、自身がドローンを始めた理由についても。


知れば知るほど、渡辺様は一流の方でした。


このスクールの最大の良さはここにありました。


講師 渡辺様の経験値と技術力により、

本当に必要なスキル、質の高いスキルを教えていただくことができました。


是非HP↓みてください。






ここからはスクールで学んだ具体的なトピックをあげます。





ドローンは、法律上、正式には無人航空機という分類になります。


無人航空機の定義は、

人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作または自動操縦により飛行させることができるもの。」


簡単に言うと、そのままですが、人が乗ることができない航空機です。






ドローンの歴史は、思っていた以上に古かったです。


世界初は、1935年にイギリスで、軍事用ドローンが登場しました。


日本初は、1987年でYAMAHAが開発したR-MAXという農薬散布用ドローンでした。


日本ですらこんなに前からあったんですね。


そして、コンシュマ(消費者)向けのドローンは2010年に発売されました。


それからを考えるとまだ、10年なんですね。







飛び上がる原理

飛行の原理は、

もしかすると物理か何かで勉強していたのかもしれませんが、揚力を使います

揚力が発生する原理は、

プロペラに対して、空気の流れは上と下に分けて進むその時、プロペラの上を流れる空気は下を流れる空気よりも早く流れる

それにより、プロペラ上側の気圧が下側の気圧より小さくなって、翼は上に浮かび上がる。

出典:



移動の原理

移動については、プロペラ回転数でを制御することでおこないます。


移動したい方向のプロペラ回転数を下げ、反対側のプロペラ回転数をあげます


そうすることで、機体は傾きながら飛行します。





最後に、個人的な総評です。


感じたことは2つありました。



操縦は簡単だけど実は難しい

一番感じたことがこれで、

機体自体は、高性能なものであればすごく簡単に飛んでくれます。

安定もしてくれて、移動するだけです。


しかし、実際には、風の影響を受けたり、電波障害の影響もあります。

そういった中で、適切に対処しながら、空撮や農薬散布をするというのは、

決して簡単なことではありませんでした。


あくまでもドローンは、飛んでくれるものではなく、

飛ばすものだという認識も持っておかないといけません。


飛んでくれても、自分が飛ばされないよう、しっかりと一心同体になれることが重要です。


適切な場所での、適切な練習が重要ですね。


安全飛行

最後に安全についてです。

ドローンは、無人ですが航空機です。

墜落すれば人身事故だってありえます。

なので操縦者(パイロット)は無人であれ、

そういった認識を持って飛ばす必要があります。


これからドローンが普及する中で、そういったことが増えてくるかもしれません。

メーカーは日々改善を重ねドローンは高機能化することは間違いありませんが、

操縦者は機体を過信せず、あらゆることを想定して飛行させる必要があります。




最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page